今から10年ほど前のことです。
若かった自分は遊ぶお金欲しさに数社から10~30万のキャッシングをしてしまいました。
借りることに抵抗がなく、返すことを気楽に考えていた典型的な愚か者でした。
お金がなくて借りる、遊びに使う、返済のお金がない、また借りる、のフィクションみたいなありがちな借金ループになってしまいました。
しばらくは利息だけ返していたのですが、いよいよ利息すら返せなくなった時点で行政書士に依頼して債務整理を行いました。

そこから数年間、当然車のローンすら組めませんでした。
クレジットも組めないので、通販の買い物に余計な代引き手数料などを支払っていましたし、とにかく不便です。
ただ、車を買うときは苦労しましたが、そのほかで特に困ったことはありません。
むしろおかげで借金をすることがなくなり、生活は安定しました。
計画性や意思の弱い人はむしろ借金できなくなる状況にしたほうが生活はうまくいくようです。
年数がたったからか、現在は普通にクレジットも通りました。
過去の経験からか公共料金の引き落としくらいしか使っていません。