カードローンの審査のポイント

カードローンの審査では

  • 安定した収入がある
  • 延滞などの金融事故歴が無い

事と並んで年収が重視されると思いがちですが、それよりもしっかり返済してくれるか?がポイントになります。

申込者の属性が審査を左右します。
必ずしも高所得者や管理職が優遇されるわけではありません。
属性とは生年月日や電話番号、年収や勤続年数などの個人情報のことを指します。

属性とは

  • 年齢
  • 職業
  • 雇用形態
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 年収
  • 収入形態
  • 居住年数
  • 居住形態
  • 住宅ローンor家賃の負担額
  • 家族構成
  • 電話の種類
  • 健康保険の種類

決して嘘は書かないようにしてください。

嘘を書いてしまうと、その時点で審査は落ちてしまいます。
ウソを書いてもバレないと思う人は依然としても多く、実際に虚偽申告をする方もおります。
本審査では信用情報機関にて、これまでの利用履歴や現在の借入状況などを確認します。
ですのでウソを付いていることは、審査でバレてしまうことがほとんどです。

それぞれの項目ごとに細かい有利不利があります。

  • 勤務形態(パートやアルバイト・契約社員よりは正社員が良い)
  • 年収(多いほうが良い)
  • 勤続年数(長いほうが良い)
  • 居住形態(持ち家の方が良い)

などです。

電話番号は携帯電話よりも、固定電話がある方が信頼度が高く評価されます。
どの項目も安定している方が業者としてはプラスに捕らえます。
引っ越してすぐなど居住年数が短いと属性としては低くなる可能性があります。

カードローンの審査では、勤務先は重要です。

  • 年収
  • 雇用形態
  • 勤務年数
  • 保険の種類

特に雇用形態です。最近ではどこの業者でも、パートやアルバイトでも申込みが可能ですが、やはり正社員の方が強いのは間違いありません。

どんなに属性に優れていたとしても申し込みの時から平気でウソをつくような人には貸したくないですよね?返せない時などにもやはりうそをつくんじゃないかと勘ぐってしまいます。
自分を信用ならない人と思われないためにも嘘はつかずに正しい情報を申告しましょう。

カードローン比較

PAGETOP
Copyright © カードローン審査落ちしないために All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.